投資と言っても様々なものが対象となります。
一般人になじみの深いものと言えば、個別株への株式投資やFXあたりでしょう。
他にも金や原油などの商品への投資も可能です。

通常投資の方法といえば、100万円分購入するならば100万円の現金が必要です。
例えば個別株ならば、A社の株を100万円購入するためには100万円必要となります。
しかし、中にはそれほどの資産を持っていない方や、できるだけ少ない資金で投資をしたい方もいるでしょう。

その時に便利なものが、レバレッジを利かせて取引ができる投資です。
FXや日経225ミニなどは、証拠金取引ですので小額の証拠金で投資が可能です。
例えば日経225ミニなどの株価指数を対象とした取引では、10万円程度で200万円程度の取引ができてしまいます。
この時レバレッジは20倍となります。
証拠金に関しては投資するものや証券会社によって最低金額が違いますので、確認してから投資を始めましょう。

このようにレバレッジを利かせることで、小額でも多額の投資ができる。
そのため、高額の利益を得る可能性が出てきます。
小額の資産で投資を始めることができますので、初心者の方や資産が少ない方や分散投資を始めたいと思っている方に人気があります。

しかし、メリットがあればデメリットもあります。
レバレッジは利益だけでなく損失にも適用されてしまいます。
例えば上記の10万円で200万円の取引をした場合。
確かにうまくいけば利益が大きく出るということは、投資にとってはとても魅力的です。
しかし、レバレッジは20倍となりますので、もし10万円の損失が出てしまったら実際には200万円損失を出したことになってしまうのです。
つまり、投資は必ず利益が出るわけではありませんので、損失のことも考えなくてはいけません。
損失が大きく出てしまうと、手元にある資産以上の損失額を出しやすくなってしまいますので、それを忘れずに慎重に投資を行うようにしてください。

Leave a Reply

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報