投資と言われて思い浮かぶものといえば、株や外貨などを売買して利益を得る。
こう思う方が多いと思います。
そして「多額の現金が必要」と思う方が多いでしょう。
実際投資を始めて利益を得ようと思ったら、1万円程度の少額の現金では利益を得にくくなります。
できるだけ多額の現金を用意して、投資に利用すること。
それが投資で利益を得る方法のひとつです。

しかし、多額の現金がなくてもCFDという取引を利用すれば、小額の資金でも投資を始めることはできます。
CFDとは「差金決済取引」のことで、売買した差額を取引する方法です。
また、証拠金取引ですので、50万程度の証拠金を基にレバレッジを利かせて取引ができてしまいます。
例えば100万円の証拠金を基に、A社の株を1000万円購入する。
CFDならば、このようなことも可能となりますので、これならば小額の証拠金でも、多額の投資が可能となり利益も多く見込めるでしょう。

このように、CFDが魅力的な取引方法であることは理解できたかもしれませんが、様々なコストについても覚えておきましょう。
取引手数料(売買をするときにかかる手数料)は無料に設定しているところが多いので、それほど気にしなくてもいいですね。

他にもオーバーナイト金利というものがあります。
これは、日をまたいでポジションを持ち越しているときに発生するものです。
買いポジションを保持しているときには金利を支払い、売りポジションを保持しているときには金利を受け取ることができます。
計算方法としては買いポジションでは「政策金利+上乗せ金利」、売りポジションでは「政策金利-上乗せ金利」となります。

この説明を見て、FXでいうスワップ金利に似ていると感じた方もいるでしょう。
計算方法や種類は違いますが、保持ポジションの違いで支払うか受け取るか。
この仕組みは同じようなものと考えていいでしょう。

また、オーバーナイト金利のことを頭に入れておかないと、買いポジションを長期保持していることで思いがけないコストがかかることがあります。
できるだけ損失を少なくするためにも、必ず覚えておきましょう。

Leave a Reply

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報