投資を始めるときには、数百万円以上の資本金が必要となります。
数万円程度の資本金では、株式投資にしろFXにしろ大した利益を得ることは難しくなるからです。
一般人で数百万円以上の余裕を持っている方は、そう多くはないでしょう。

そこで小額の資本金から投資を始めたい人に選ばれているのが「CFD」です。
CFDとは「差金決済取引」という取引の方法で、投資の対象となる商品とは違います。
あくまでも取引の方法ですので、個別株への株式投資や日経平均株価などの株価指数への投資への適用可能です。

そもそも通常の個別株への株式投資の場合。
目的とする企業の株(A社)に購入金額を支払います。
例えばA社の株を100万円分購入すると、100万円分の株をA社から受け取ることができます。
あとは売却のタイミングを見て、その株を売る。
これで利益を得るのが通常の株式投資です。

しかし、CFDを利用すると株の受け渡しはありません。
「差金決済取引」というものは、株の現物を受け渡すことはなく、売買したときの「差額」のみを決済する取引方法です。
メリットとしては、差額の決済のみですので小額の資本金でも十分取引ができます。
100万円で購入したA社の株が120万円で売れば、20万円のみが口座に入ってくる。
これがCFDの特徴です。
またレバレッジをきかせて取引できる「証拠金取引」でもあります。
100万円の証拠金でも、レバレッジを利かせて1000万円以上の取引もできてしまいます。

このようにCFDは小額の資本金でも多額の投資が可能となります。
副業として投資を始めたい方や、資本金が少ない方に選ばれています。

個別株への投資となると、配当を目的としている方もいるでしょう。
CFDでの株式投資では「配当金調整額」を受け取ることができます。
ただし権利確定日に買いポジションを保持している場合のみとなります。
売りポジションを保持している場合は、反対に配当金調整額を支払うことになります。
権利確定日の確認とポジションの確認をすること、配当金調整額の確認までを忘れずにしておきましょう。

Leave a Reply

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報