日経平均株価指数(日経225)取引についてご存知ですか?日経平均株価指数とは、日本経済新聞社(日経新聞)が、東証一部上場株の銘柄のうち、優良と思うものを225銘柄選んで、それらの株価の平均値を数値としているものです。225銘柄なので、「日経225」と呼ばれることも多いです。

日経225は、それ自体が株価と同じように取引されます。安いときに買っておいて高くなったときに売れば儲けになるし、高いときに空売りしておいて安くなった時に買い戻せばそれも儲けになります。……今、「空売りって何?」って思った方、いらっしゃいますよね。実はこの「空売り」というシステムも、日経225取引を含むCFD取引の特徴です。

CFDとはcontract for differenceの略で、差金決済契約と訳されます。差額のみを決済する取引ということです。なんの差額かというと、買ったときと売ったとき、あるいは売ったとき(=空売り)と買ったときの差額です。日経225などは指数であって、物理的な買い物ができるわけではありません。スーパーで大根を買えば100円なり200円なりを払って大根を持って帰りますが、日経225には大根のような物理的なモノがありません。バーチャルな売買をするわけです。だからこそ、空売りといって、売るものが何もないのに売る契約をして、それを値段が安くなったときに買い戻すということが可能です。

さて、このような取引ができる日経225CFD取引ですが、どこで取引できるのでしょうか。CFD業者を経由することもできますが、くりっく株365という日本ではじめての公的な取引所CFDでも取引することができます。くりっく株365なら、ほぼ24時間取引が可能ですし、株の配当金相当のお金をもらうこともできますからおすすめですよ。日経平均株価指数CFDについての、より詳しい情報を得たい方は、こちらの株価指数CFD.comというサイトをご参照ください。きっと役にたちますよ。

Leave a Reply

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報